FX

勝負師の血が騒ぐ

勝負師の血が騒ぐ

(公開: 2014年10月 1日 (水)

ついに売買する時という場面ではまずは下準備をおろそかにしてはいけません。

 

売買を始める前であったならば、起こる事を論理的に眺める事ができる余地があります。

 

だが、相場の内部へ足を踏み入れるとどう工夫しても受け取り方が自分勝手なものになりがちで往々にして適切な状況判断ができなくなる危険があります。

 

それゆえに己の頭の中が客観的な段階できちっと準備をしておくことが大事です。

 

その"準備"のためには自分のシナリオを描くことからスタートします。

 

今からの市場は上がる(または下がる)から、ランドを売る(あるいは買う)みたいな、台本を書いていきます。

 

次に重要なのは日足チャートをチェックしましょう。

 

過去の為替レートの上下を見て、今現在の値動きを確認する。

 

そうすると、「なかなか低すぎる状況になっているな」など、他には「多数の勝負しているこれから急にしかけても今はもう間に合わないな」ということが見えてくる。

 

もうしかけるのがやりようがないと思ったらここは潔く吹っ切ることが大切です。

 

どうしてもあなたのシナリオを押し通そうとして、強引に新しく注文すると、為替相場にやられて、そればかりか損害を受けることになるリスクがあります。

 

とは言ってもかなりのケースで準備万端のストーリー展開を作っておくと仕かけるのがやりようがないというケースにはならないだろう。

 

おそらく、明確に為替相場が変化する前のはずだからです。

 

その次にとりあえずは自分が注文しようと決めているポジションの上下の動きをちゃんと確認する事が肝心。

 

円安が進むという台本を考えたのであれば、ドル円の動きに注目する必要があります。

 

外国為替市場の動きを気をつけ始めたばかりでは、まだまだ誰の眼にも明らかに動く兆候を見せないで上や下に小幅な動きを繰り返しているだけでしょう。

 

でも、その動きをきちんとチェックしていると、ある地点でゆっくりと、円安へと為替相場が変動し始めます。

 

このタイミングでようやくドルの取引します。

 

おおむね、これだけ慎重に事前の準備をすればそのエントリーで利益を上げる確率は相当高まるはずだ。

 


テスト

テスト

(公開: 2014年9月23日 (火)

テスト記事です。